WORKSTYLE

ポジポジ病・ハイレバレッジ・ナンピンなどFXトレード初心者がしがちな失敗と傾向

 

なかなか上手くいかないのはどうしてなんだろう?トレードって難しいよ。
Toshiya
Toshiya
大丈夫だよ。最初はみんなそんなもんだよ。初心者がしがちな失敗を解説するよ。

 

 

損切りをしない(できない)

 

FXトレード初心者がしがちな失敗は色々あります。

その中でも特によくあり、なおかつ危険なのもの、それは損切りをしないことです。

FXトレードは株と違いロスカットというシステムがあるので、含み損をそのままにしておくと、ロスカットされて大損害を被ることになります。

それを唯一防ぐ方法が損切りです。

どんな人であっても損失を確定させるのは嫌なものです。

損切りができない人は決まって、このままポジションを持ち続けたら、相場が反転して損が解消できるかもしれない、と希望的観測を抱きます。

実際、希望通りに相場が反転することもあるのですが、仮にそうなった場合、あの時も相場が反転したのだから今度もそうなるかもしれないと、物事を楽観的に考える癖がついてしまうので、遅かれ早かれ痛い目にあうことになります。

人間は不思議なもので、物事を楽観的に捉えてしまう癖があるようです。

一つのトレードの、その一撃が致命傷になることは普通に起こり得ます。

僕も過去に何度も痛い目にあってきたので、分かります。

トレードの世界から退場したくなければ、損切りだけはきっちりしておくようにしましょう。

そうすれば、少しで長くこの変動相場の世界で生き残っていくことができます。

 

 

ポジポジ病

 

次にトレード初心者がしがちな失敗は、ポジポジ病です。

相場の状況もよく分からないのに、やたらとポジションをとりたがることです。

いわゆるポジポジ病とも呼ばれるこの行為は、利益よりも損失をもたらします。

状況をきっちり分析しても、計算通りにうまくいかないのがトレードの世界です。

そんな厳しい世界で、やみくもにポジションを持っても上手くいくはずがありません。

なので、よく分らない状況下で無理にポジションを持つのは絶対にやめましょう!

何もしないことが正しい、そういう状況がトレードの世界にはあるのです。

 

 

ハイレバッレジで取引する

 

初心者が避けなければいけないもの、それはハイレバレッジで取引をすることです。

FXトレードは、レバレッジをかければかけるほど、少ない証拠金で大金を動かすことができるので、初心者ほど一発逆転を夢見てハイレバレッジで取引をしてしまいます。

確かに、ハイレバレッジで取引をして勝てば、数百万円をあっというまに稼ぐことができますが、損失を食らうスピードも早いのです。

初心者がそんな取引することは、あまりにもリスクが高いので、ある程度相場観が身に付くまで、ある程度安定的に収益を上げられるようになるまでは、レバレッジを低めに設定しましょう。

そうしておけば、エントリーして、即退場、ということにはなりません。

 

 

その他のトレード初心者がしがちな失敗

 

これ以外にも、損が出たら損切りせずに、ナンピン(さらにポジションを持つこと)でごまかす、ロングポジション(買い)とショートポジション(売り)を同時に持つ両建てを安易に使う精神的に不安定な状態あるいは、感情的になっている時に、トレードを続行する、などが初心者がよくやる失敗です。

こういったことは、誰しも通る道なのです。

今でこそ利益を上げているトレーダーであっても、これらのことは経験していて、皆痛い目に合ってきているので、言えることでもあります。

こういったことは、すべきではないのです。

絶対に上手くいきません。

逆に言うと、こういったことを意識的にやめるだけでも、トレードの成績は変わってきますよ。

 

 

まとめ

 

このように、初心者がしがちな失敗というのは、言ってみれば、ある程度パターン化しています。

ある意味、誰もが通る道だと言ってもいいのですが、誰もが経験するからこそ、はっきりしています。

誰もが失敗するということは、出来ればしない方が賢明だということです。

逆を言えば、これらをしないようにトレードすれば、ある程度うまくいくということです。

 



この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler