LIFESTYLE

ふるさと納税ラストスパート!静岡県小山町に納税でJCBギフトカードをゲットしよう!

 

ふるさと納税ってまだ間に合うかなぁ?
Toshiya
Toshiya
大丈夫だよ、まだ間に合うよ。でも急いで!オススメを紹介するからね。

 

今年分のふるさと納税もあともう僅かとなりました。

ふるさと納税はもう済みましたか?

未だだと言う方も、まだ間に合います。

オススメを紹介するので、是非検討してみてくださいね。

 

ふるさと納税するなら「ふるなび」

 

ふるさと納税をするには、専用のサイトを経由する必要があります。

中には怪しいサイトもあるので、十分気を付けなければいけません。

やっぱり、大手の安心できるサイトを利用することをオススメします。

僕も実際使っているサイトですが、「ふるなび」が安心です。

 

静岡県小山町のJCBギフトカードがイチオシ!

 

正直な話、どこの自治体に納税するか迷いますよね?

返礼品も本当に様々で、どこも魅力的なものばかりで正直どこがいいのか分からなかったりします。

そんな時は、後でゆっくり自分な好きなものを買うことができる、商品券的なものが一番ベスト。

ギフト券なら他人にプレゼントすることもできますし、使い方は自由。

プレゼントとしては、こういうのが一番嬉しかったりするんですよね。

自分が使うもよし、誰かにプレゼントするもよし。

静岡県小山町に寄付すると、返礼品としてJCBギフトカードがもらえます。

これはありがたいですね。

25,000円の寄付で、1万円分のJCBギフトカードをもらうことができます。

しかも「ふるなび」で申し込むと、500円分のAmazonギフトカードがもらえるという嬉しい話。

 

静岡県小山町のAmazonギフトカードも同時申し込み可能

 

例えば、合計で5万円の寄付をしたいときに、25,000円はJCBギフトカード、残りの25,000円分はAmazonギフトカードという風に、返礼品を選ぶこともできます。

これはいいですよね。

静岡県小山町では、JCBギフトカードの他に、Amazonギフトカードもあって、これも見逃せないです。

こういうギフトカード系って何が嬉しいって、自分の好きなときに、好きなものが買えるっていうのがいいんですよね。

JCBギフトカードと同様、25,000円の寄付で1万円分のAmazonギフトカードをもらうことができます。

食べ物や特産品なんかに興味ない、といような人には最適な返礼品ではないかと思います。

 

静岡県小山町へのふるさと納税は「ふるなび」からどうぞ。

 

ふるさと納税の仕組み

 

ふるさと納税の仕組みを簡単におさらいしておきましょう。

ふるさと納税で納めた金額は、あなたが支払わなければいけない税金から控除・還付を受けることができます。

実際に支払った金額は、その年の所得税から還付され、翌年の住民税から控除されるという仕組みです。

実質の自己負担は2,000円ということになります。

ふるさと納税の控除上限額は、その世帯の年収や家族構成、居住地域によって異なります。

ご自身の控除上限額を知った上でされることをオススメします。

 

ワンストップ特例制度の申請

 

この制度は、簡単に言うと確定申告をしなくても、ふるさと納税の控除を受けられるというものです。

ふるさと納税を行う自治体は5自治体までです。

基本的に、通常確定申告を必要としない人が対象なので、給与収入であるサラリーマンの方はこの制度の対象になるということです。

申請は、ふるさと納税で寄付を行う度に行います。

仕組みは簡単。

申請用紙を記入し、本人確認書類と一緒に寄付をした自治体に郵送するだけです。

寄付をした自治体はあなたの住んでいる自治体に連絡がいき、翌年の住民税から控除されるという仕組みです。

例えば、合計で6万円の寄付を行った場合、実質の自己負担額の2,000円を差し引いた5万8千円が、翌年の住民税から控除されるということになります。

なので、実質2,000円の負担で返戻品を貰うことできるのです。

確定申告で申請する場合は、若干条件が異なります。

しかし、確定申告の場合でも、ワンストップ特例制度で申請しても、控除額は基本的に変わりはありません。

 

 

各自治体の取り組みや返礼品

 

各自治体の取り組み内容、返戻品については、自治体それぞれ異なります。

税金の使い道を明確にしているところは、逆に返戻品がなかったりもします。

ふるさと納税が集まるように、返戻品に力を入れているような自治体もあります。

どの自治体にふるさと納税を行うかは皆さんの自由で、何がいいとか悪いとかはありません。

皆さんが、これはいいと思ったところに寄付をすればいいのです。

 

まとめ

 

ふるさと納税って、結局はやった方が絶対にいいって話です。

どうせ納めなければいけない税金です、その税金を少しでも有効に使ってもらって、しかも、自治体独自の返礼品がもらえるのですから。

税金を先に納めるか、後で支払うかの違いだけですね。

これから、ふるさと納税の仕組み自体も変わっていくかもしれません。

今のような状況が今後も続くとは限りません。

しかし、このふるさと納税の制度が出来てから、納税に対する意識が高まったのは間違いないでしょう。

しかし、納税は納めて終わりではなく、この税金をどのように活用されるのかも、興味を持って見守っていく必要があるのではないかと思います。

 

 

 

ふるさと納税でPeachポイントをもらおう!泉佐野市ふるさと納税まとめ 今年のふるさとの納税も今月末まで。 残りわずかです。 まだやっていないという人はお早めにどう...
この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler