LIFESTYLE

ふるさと納税でPeachポイントをもらおう!泉佐野市ふるさと納税まとめ

 

ふるさと納税したいんだけど、オススメってある?
Toshiya
Toshiya
あるよ。旅が好きなら泉佐野市のピーチポイントはどう?

 

今年のふるさとの納税も今月末まで。

残りわずかです。

まだやっていないという人はお早めにどうぞ。

僕がイチオシする泉佐野市のふるさと納税を紹介します。

 

 

泉佐野市のふるさと納税でPeachポイントをもらおう

 

泉佐野市にある関西国際空港。

LCCのピーチですが、ここ関西国際空港を拠点としている航空会社というのはご存知でしょうか。

ということもあって、泉佐野市にふるさと納税するとピーチポイントがもらえるのです。

 

ピーチポイントとは

 

このピーチポイントとは、運賃やそれにかかる手数料として使用することができるポイントです。

関空に限らず、国内線や日本発の国際線の航空運賃に使用できるのです。

これはかなりお得ですよね。

こうして実際に飛行機の運賃に利用できるポイントがもらえるのは、この泉佐野市だけなのです。

LCCをよく利用する方やピーチをよく利用するという方にはもってこいの返礼品ですね。

 

ピーチポイント返礼品の概要

 

このピーチポイントですが、不正を防止するために概要の一部が変更となっています。

それは、9月30日以前発行分では、ふるさと納税を行った本人が実際にピーチポイントを使って搭乗しなくても、予約名義であれば他の人が搭乗しても問題ありませんでした。

しかし、10月1日以降発行分からは、ふるさと納税を行なった本人が実際に搭乗しなければいけない、搭乗者に含まれていなければいけない、というふうに変更されました。

まぁそもそも、ふるさと納税の返礼品ですから、寄付をした本人が利用するというのは、当たり前と言えば当たり前ですけどね。

 

寄付の一例

・1万円を寄付した場合 ➡︎  5000円分のポイント

オリジナルデジタルカレンダー

・5万円を寄付した場合 ➡︎  25000円分のポイント

オリジナルデジタルカレンダー

 

大切な人と旅行するのもよし、これを機にふるさとに帰るのもよし、気楽に一人旅を楽しむもよし、使い方はいろいろですね。

 

泉佐野市へのふるさと納税はこちらから↓

ふるなび」でふるさと納税を申し込む

ふるさと納税の仕組み

 

ふるさと納税の仕組みを簡単におさらいしておきましょう。

ふるさと納税で納めた金額は、あなたが支払わなければいけない税金から控除・還付を受けることができます。

実際に支払った金額は、その年の所得税から還付され、翌年の住民税から控除されるという仕組みです。

実質の自己負担は2,000円ということになります。

ふるさと納税の控除上限額は、その世帯の年収や家族構成、居住地域によって異なります。

ご自身の控除上限額を知った上でされることをオススメします。

 

ワンストップ特例制度の申請

 

この制度は、簡単に言うと確定申告をしなくても、ふるさと納税の控除を受けられるというものです。

ふるさと納税を行う自治体は5自治体までです。

基本的に、通常確定申告を必要としない人が対象なので、給与収入であるサラリーマンの方はこの制度の対象になるということです。

申請は、ふるさと納税で寄付を行う度に行います。

仕組みは簡単。

申請用紙を記入し、本人確認書類と一緒に寄付をした自治体に郵送するだけです。

寄付をした自治体はあなたの住んでいる自治体に連絡がいき、翌年の住民税から控除されるという仕組みです。

例えば、合計で6万円の寄付を行った場合、実質の自己負担額の2,000円を差し引いた5万8千円が、翌年の住民税から控除されるということになります。

なので、実質2,000円の負担で返戻品を貰うことできるのです。

確定申告で申請する場合は、若干条件が異なります。

しかし、確定申告の場合でも、ワンストップ特例制度で申請しても、控除額は基本的に変わりはありません。

 

 

各自治体の取り組みや返礼品

 

各自治体の取り組み内容、返戻品については、自治体それぞれ異なります。

税金の使い道を明確にしているところは、逆に返戻品がなかったりもします。

ふるさと納税が集まるように、返戻品に力を入れているような自治体もあります。

どの自治体にふるさと納税を行うかは皆さんの自由で、何がいいとか悪いとはありません。

皆さんが、これはいいと思ったところに寄付をすればいいのです。

 

まとめ

 

納税もできて、飛行機にも乗れて、旅ができるって、こんなこと昔なら考えられないことですよね。

でも、かなりお得なので、ふるさと納税がまだの方は検討してみる価値はありですね。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler