FOOTBALL

川崎フロンターレ2018宮崎県綾町キャンプレポート!

2018年の春季キャンプレポート第2弾ということで、昨年のリーグチャンピオン、川崎フロンターレのキャンプが行われている宮崎県の綾町に行ってきました。

昨年は悲願のリーグ優勝を果たした川崎フロンターレですが、大久保選手が東京から復帰し、小林選手との2トップが復活しました。それ以外の移籍組にも注目です。マリノスから電撃移籍の斉藤選手、ガンバから完全移籍した赤崎選手。いずれも前線でスピードのあるプレーが持ち味ですので、小林、大久保とどう絡んでいくのか楽しみです。

フロンターレは、アジアチャンピオンズリーグの出場も控えていることから、早期のキャンプインとなりましたね。

早速ですが、昨年のチャンピオンのキャンプ風景をレポートしたいと思います。

 

川崎フロンターレ宮崎キャンプ地の紹介

 

 

宮崎市郊外にある綾町は市内中心部から約1時間。

僕自身は飛行機の都合もあり、鹿児島空港を利用しましたので、そこから車で2時間ぐらいかかりました。九州自動車から宮崎道を経由して、高原ICから下道を通っていきます。

道中は、宮崎の田舎の風景を眺めながら、のどかな雰囲気を味わうことができました。

もちろん、鹿児島からだと結構距離があります。宮崎空港からであれば1時間ぐらいで行けるのではないかと思います。

綾町自体は時間の都合もあり、ゆっくりと観光することは出来ませんでしたが、すごく山間の自然豊かな地になります。

調べてみると、全国各地から自然の中での生活を求める移住される方が多いみたいですね。

日本で最も美しい村連合の一つと言われているそうです。

キャンプが行われているのは、綾町の錦原運動公園のサッカー場になります。

綾町には歓迎の旗なども掲げられており、歓迎ムードが感じられました。練習には多くの見学者の姿も見られました。

因みに車で来られる場合は、無料の駐車場があります。練習場からも近く歩いてすぐです。

見学者用のスタンドもあり、選手を間近で見ることができます。僕みたいに一眼のカメラを抱えたコアな人もチラホラ見受けられました。(笑)

 

練習の様子

 

練習はかなり実戦形式で、選手達はお互い声を出し合い、かなりスピード感のある激しいものでした。

さすが昨年の王者ですね。攻撃陣も厚みを増しています。

中村憲剛選手を中心として小林・大久保の2トップとサイドの家長選手の絡みなんかを見るとやっぱり凄いなと思いました。

斉藤学選手は怪我のためか姿は見られませんでしたが、この攻撃の布陣にどう絡んでくるのか注目ですね。

 

まとめ

 

練習後は、選手の皆さんと写真を撮ってもらいました。

練習後にも関わらず、気持ちよく対応していただいて良かったです。

選手の皆さん、ありがとうございました。

選手たちは練習場からバスで宿舎に戻って行きました。

数人乗せたらすぐに出発して、しばらくしてまたバスが戻ってきていましたので、おそらく宿舎も近いんでしょうね。

まずは2月10日(土)埼玉スタジアムで行われるフジゼロックススーパーカップでセレッソ大阪と対戦ですね。

新体制での両チームの戦いが楽しみです。因みにチケットの一般発売は、1月21日(日)10時からです。

今シーズンは、川崎の連覇なるか注目しています。

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler