COLUMN

【働き方改革】外国人労働者の日本語スキルより、日本人の英語スキルがヤバイって話

 

外国人が日本語を習得するのって結構大変だと思うんだよな〜

 

働き方改革で、日本の雇用形態は大きく変わろうとしています。

その中でも人手不足の問題は深刻です。

今後は、業務の機械化と同時に外国人の雇い入れについても注目されるところです。

しかし、外国人を雇い入れる際、外国人の日本語スキルの未熟さがよく問題視されます。

言葉の問題は確かに難しい。

業態によっては、高度な日本語スキルが必要な場合もある。

しかしながら、そうじゃない場合も多い。

本当に外国人の日本語スキルの問題なんだろうか。

今回は、上記のような言葉の問題についてまとめてみたいと思います。

 

 

僕が海外でよく目にする光景

 

日本人にとっては当たり前ですが、日本で生活をしていて、他の言語を使うということはまずありません。

別に英語が話せなくても、生活に支障を来すようなことがないからです。

一方、海外ではどうか。

僕はよく海外に行きますが、別に英語がベラベラな訳ではありません。

恥ずかしながら、中学生レベルの英単語をつなぎ合わせる程度です。

しかし、海外に行くとほぼ使う言語は英語です。

英語を話さないと自分が困る状況だから仕方ないのです。

どこの国に行ってもそうですが、店員さんにしろ必要最低限の英語を話してきます。

こいつは外国人だと思えば、すかさず英語で話してきます。

もはや、それが当たり前。

でも、それは自分がお客さんの立場だからと言えば、確かにそうかもしれません。

それでも、日本人よりもはるかに英語を使いこなしているという印象です。

 

 

日本語スキルより共通言語を使う

 

世界には本当に他国籍な国というのがあります。

先日アラブ首長国連邦のドバイに行ってきましたが、ドバイで通勤時間のメトロに乗ると、アラブ系の人よりインド系の人を多く見かけます。

しかし、ドバイでは外国人労働者の中ではイギリス人が最も多いのだそうです。

ドバイではアラビア語が話せない外国人が多く働いているので、その点英語でコミュニケーションを取らざるを得ないという状況があるようですね。

そういう状況もあってか、幼い頃から英語を話すことを徹底的に教育される。

共通言語の英語を話すことで、外国人の労働者をうまく取り入れている。

日本では、ドバイと違って日本語でコミュニケーションを取ろうとしますが、ドバイでは英語を話すことが当たり前です。

むしろアラビア語を話すより、英語という共通言語を使った方が合理的なのです。

日本においても外国人に日本語のスキルを身に付けろ、と言うよりもこっちが英語を話した方が、むしろスタンダードなことなのではないかと思います。

 

 

日本人の英語スキルの問題

 

そこで問題となるのは、外国人の日本語スキルではなく、むしろ日本人の英語スキルです。

先進国の中でも特に英語スキルが低い日本人。

英語スキルがない日本人は相当損をしているとしか思えないんですよね。

僕自身も英語力が高いわけではないですが、英語が話せないもどかしさというのは、海外に行くと痛感します。

日本ではそれを感じることはできません。

日本人は学生時代ずっと英語を勉強しますが、話せない人がほとんどです。

やはり、教育改革が必要です。

英語に対する基準値が低すぎるのだと思います。

日本では、英語スキルがある程度の水準に達しないとどうにもならない状況というのはありません。

いくら難しい文法や単語を学んでも、話せない、聞き取れない、では意味がない。

 

 

これからのグローバル社会を生き抜くために

 

これから外国人技能実習生の受け入れなど、ますますグローバル化が進む中で、外国人の側にだけ問題があるわけではなくて、受け入れる日本人の側に多くの問題があるように思えてなりません。

自分の問題を相手の問題にすり替えないで、ちゃんと問題を捉えた方がいい。

そういう意味でも、最初の取っ掛かりとなるのは、やはり英語スキルだと思うのです。

日本語よりも共通言語である英語を活用するという感覚が必要です。

家族や友達同士とは日本語を使うけど、1歩社会に出たら英語を話す。

そんなことが当たり前になれば、日本は大きく変わっていくでしょうね。

 

 

まとめ

 

外国人を雇用する上での問題についての考えをまとめます。

 

・日本語より共通言語を使う。

・英語スキルを身に付ける。

・外国人側ではなく自分達の問題として捉える。

 

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler