WORKSTYLE

トレードのコツ①リスクをとって利益を得る思考とは

僕自身の旅資金の調達方法のひとつは、別の記事でも書いていますが、FXトレードによるものです。

FXと聞くと、大抵の人は危ないんじゃないの、リスク高いでしょ、なんて思うかもしれません。

僕も周りからそんな風に言われることが結構あります。

一攫千金のイメージなんでしょうか、無謀なトレードのイメージからでしょうか。

とにかく危険な取引だというイメージを抱いている方が多いです。

確かに、FXトレードは株式トレードと同じで、元本が保証されているわけではありません。

運用の仕方によっては、元本割れ、下手するとマイナス収支ということもあり得ます。

しかしながら、投資というのはそういうものです。

 

 

利益を得るために、リスクテイカーになる

 

他のビジネスでは到底できない利益率を達成するためには、それなりのリスクを取らなければいけません。

それなりのリスクという点が重要で、リスクを取りさえすればいいというものでもありません。

莫大な利益ばかりを追い求め、無謀なリスクを負うから、危険なイメージがつきまとうのです。

莫大な利益の裏には必ず莫大なリスクがあることを忘れてはいけないのです。

投資の鉄則ではありますが、それなりの利益を得るためには、まずそれなりのリスクを負うリスクテイカーになる必要があります。

これは投資に限った話ではなく、ビジネスや他の世界でも同じようなことが言えます。

何か事業を成し遂げようとする時、他の人が思いもよらないぐらいのリスクを背負うことで、実現することができるというのは、よく聞く話でもあります。

このリスクというのは、お金でだけではなく、人間を取り巻くあらゆるものがそれに当たります。

時間や人、健康そういったものも全てリスクにさらすことになるのです。

そういった意味で、リスクテイカーになる覚悟が必要になります。

 

 

FXトレードにおけるリスク

 

FXトレードにおいては、株式も同じですが、まず自己資金を守る、減らさないということが重要になってきます。

トレードというのは、自分の大切な資金を投じて、利益を得ることになります。

自己資金を危険にさらすことで、リターンを得るのです。

ですから、自己資金を減らさないために、どれぐらいのリスクを取ることができるのかを決めなければいけません。

と同時にどれぐらいの利益を得るのかを決める必要があります。

常にこのリスクをマネジメントすることが非常に重要になります。

トレードの世界では、損失を最小限に抑え、利益を最大化すると言います。

いわゆる損小利大です。

そうでなければ、資産は増えていきません。

 

 

旅もトレードと同じ

 

僕も大好きな旅も基本的にトレードと同じだと思っています。

特に海外に行く時ってかなりリスキーですよね。

旅好きな方なら分かると思いますが、海外旅行ってリスクだらけです。

パスポート一つでいろんな国に行けるというのは、本当に素晴らしいことだなと思います。

しかし、考えてみれば、言葉や文化・習慣も通貨も食べ物も何もかも違う、日本とは全く異なる国に行くわけです。

病気や怪我をしても保証はないですし、お金がなくなれば途方に暮れなければいけません。

道に迷っても、電車の乗り方が分からなくても、何もかも自分で解決しなければ、誰も何もしてくれません。

危険な目に遭っても、自分の命は自分で守らなければいけません。

こんなリスキーなことはありません。

よく旅好きな人が、野生の勘を取り戻すために旅に出るというのを聞きますが、まさしくこれですよね。

普段、日本で生活しているとあまり考えないようなことを旅先では考えます。

旅に出ると同時に、人は自然にリスクマネジメントしてるんですよね。

それって、自分の身を自分で守るために。

それと引き換えに、旅に出ないと得られない経験をすることができます。

これが旅の魅力というものではないかと思います。

このことは、トレードでも全く同じことが言えます。

利益を得るためには、それなりのリスクを負って、きっちりとリスクマネジメントすること。

 

まとめ

 

投資というのは、決して元本が保証されているようなものではありません。

運用の仕方によっては、自己資金が吹っ飛ぶ可能性も孕んでいます。

FXトレードが、危険なものというイメージがあるのも、そこにフューチャーされているからだと思います。

しかし、リスクを背負うことを前提に、きっちりとリスクをコントロールすることで、それを解決することができます。

僕は、大好きなサッカーを見るために、大好きな旅に出るために、そして何より自由でい続けるために、これからもリスクを取り続けるのだと思います。

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler