WORKSTYLE

トレードにおいて優位性のあるポイント導き出すための過去検証とは?

 

トレードって結局のところ、どこで初めてどこで終わるのか分からないんだよね。。
Toshiya
Toshiya
そうだよね、為替相場は変動相場だからどこが正しいというものはないんだよ。今日は優位性のあるポイントについて解説するよ。



どこでエントリーして、どこで利確したらいいの?

 

FXトレードにおいては、どこでエントリー(入口)して、どこでイクジット(出口)するのか、ということが基本となります。

為替相場は変動相場だからと言って、むやみやたらにトレードすべきではありません。

なので、どのような時にエントリーすべきか、逆にどのような時はエントリーすべきはないのか、を検証する必要があります。

トレーダーの多くは、様々なテクニカル指標やチャートパターンを分析して、判断材料としています。

自分のトレードスタイルを考えてみて、どのような時にトレードをすれば、利益を得ることができるのか、そういうことを、過去のチャートの動きに照らし合わせて、検証していく必要があります。

 

優位性のあるエントリーとは?

 

重要なのは、いかにこの変動相場の中で、優位性のあるポイントを導き出せるかということになります。

相場の中では、様々なチャートパターンが形成されます。

例えば、サポレジと言われるレンジ相場、ドル円などはレンジ相場を形成しやすい通貨ペアと言われていますが、これは果たして、どのタイミングでエントリーするべきか、ということです。

巷に盛んに言われていることというのは、後から振り返った時に、あの時はどうだった、こうだったという、言わば結果論ばかりです。

トレーダーは、まさしく変動しているそのタイミングで、判断して取引しなければいけません。

 

優位性のあるポイントを導き出すための検証作業とは?

 

それでは、その優位性について、どのような検証作業が必要となるのか。

チャートパターンで言うと、例えば、ダブルトップやダブルボトム、ヘッド&ショルダー、サポレジなど、テクニカル指標であれば、フィボナッチ、MA、ボリンジャー、水平線など。

この辺は、初心者の方には分からないかもしれませんが、説明は割愛させていただきます。

こういうテクニカルチャートの中で何でもいいと思います。

自分がこれと思うようなものがあるなら、それを徹底検証していくのです。

少なくとも数年分の過去のデータを分析していきます。

同じ時間足で、エントリーとイクジットのポイントによって、一体どれぐらいのpipsが取れるのか、勝率はどうか、どのような流れの中でそのパターンが形成されるのか、などなど。

エクセル等でデータを集積していくのもいいでしょう。

そして、そのデータをもとに、その有効性を測ります。

このようにして、自分の勝ちパターンを導き出すのです。

自分は、この手法であれば、これぐらいの利益を上げることができるだろう、ということを予め知っておくです。

 

変動相場では絶対というものはない

 

注意しなければいけなないのは、為替の相場は変動相場ですから、絶対ということはありません。

検証結果から導き出された結果が絶対的なものではないということです。

しかしながら、ある程度の根拠を持った上で、トレードすることは非常に重要です。

検証作業をする前提として、しかっりとした目的意識を持つことです。

導き出した結果を、実際の相場で、自分自身のトレードの中で、どう活かすのか。

自分のトレードルールとメンタル的な部分も含めて、しっかりと自分のものとして、初めて過去検証に意味があったと、言えるのです。

 

まとめ

 

くれぐれも検証作業をして、やった気になって、それで終わることのないように、注意しましょう。

根拠を持つという意味では、過去検証という作業は重要です。

だからと言って、必ず稼げるというものではありません。

いずれにしても、トレード初心者の方は特に、是非実践していただきたいものとなります。

初心者の方は、最初から自己資金を投入するのではなく、証券会社のデモトレードを利用して、練習することをオススメします。

デモトレードと言っても、実際のチャートを使ってトレードの擬似体験ができるので、トレード感覚を掴むには最適です。

強いて欠点を言えば、自己資金を使わないので、マネープレッシャーがないという点です。

しかし、検証を行うには問題はありませんので、是非活用してみてください。

DMM FXはこちら

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler