TRAVEL

ドバイ国際空港でプライオリティ・パスが使えるラウンジを利用してみた。

 

ドバイの空港には僕達が利用できるラウンジはあるのかなぁ?
Toshiya
Toshiya
ドバイ国際空港には、プライオリティ・パスで利用できるラウンジがいくつかあるよ。

 

楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!

 

ドバイ国際空港の日本線発着は第3ターミナル

 

日本ードバイ線の発着ターミナルは、ドバイ国際空港の第3ターミナルになります。

たいていはエミレーツ航空で東京や大阪へ出発することになりますよね。

日本への便はたいてい深夜出発になるかと思います。

しかし、ドバイ国際空港は24時間空港なので、空港内の店やレストラン、ラウンジも問題なく利用できます。

ドバイ国際空港、第3ターミナルは大きく3つのエリアに分かれています。

コンコースA,コンコースB、コンコースCです。

それぞれのエリアに利用できる空港ラウンジがあります。

どこのエリアのラウンジも利用できますが、自分が搭乗するゲートまで移動する時間なども見込んだ上で利用するようにしましょう。

 

プライオリティ・パスが使えるラウンジ

 

今回僕が利用したのは、コンコースBのエリアにあるラウンジになります。

どのエリアのラウンジもそうですが、エアサイド(制限区域内)に位置します。

エアサイド(制限区域内)というのは、イミグレーションと保安検査を通過した後のエリアです。

すなはち、あとはゲートで搭乗を待つだけというタイミングでの利用になります。

搭乗までの時間を有意義にゆったりと過ごすために、やはり空港ラウンジの利用は外せないですよね。

せっかくプライオリティ・パスを持っているのであれば、予め空港ラウンジで過ごす時間も確保しておきましょう。

コンコースBのエリアには以下の2つのラウンジがあります。

 

Marhaba  Lounge

 

ドバイ国際空港ではメジャーなラウンジです。

マハラバ・ラウンジ。

因みにこのラウンジは、プライオリティ・パスを持っていなくても有料で利用することができます。

もちろん、プライオリティ・パスを持っていれば無料で利用することができます。

場所は、イミグレーション通過後左方面に進んで行きます。

しばらく免税店エリアを進んで行くと、左手にラウンジの案内表示が見えてきます。

そこから入って、エレベーターで階上に上がれば、ラウンジに到着です。

 

 

 

受付で、搭乗券とプライオリティ・パスを提示しましょう。

ラウンジの雰囲気としては、オープンカフェみたいな感じで、開放感があります。

食事もできますし、お酒を飲むこともできます。

僕は空港に来る前に食事をしてしまったので、ラウンジでは食事はしませんでした。

お酒とデザートを少しいただきました。

 

 

 

 

Ahlan Lounge at B

 

もうひとつオススメしたいラウンジは、コンコースBにしかないラウンジです。

Ahlan Lounge at Bです。

マハラバラウンジからさらに、免税店エリアをコンコースCの方向に進んで行ったところに、右側にラウンジ行きのエレベーターがあります。

そのエレベーターで2階に上がったところにラウンジがあります。

受付で、搭乗券とプライオリティ・パスを提示しましょう。

僕が利用したのは夜中の1〜2時頃でしたが、普通に営業していました。

このラウンジは、ラウンジというか普通のレストランっぽい雰囲気です。

そして、ここのラウンジのいいところは、スパークリングワインが普通に飲めるところです。

スタッフが飲み物のオーダーを取りに来てくれるので、メニューから好きなものを注文できます。

 

 

 

もちろん、食事もできます。

 

 

食事をしたり、お酒を飲んだりしたりするにはいいのですが、リラックスするというかまったりするのは、ちょっとどうかなと正直思いました。

とは言え、夜中だったので僕も居眠りしていましたが。(笑)

ラウンジには階段でも上がることできます。

 

 

 

 

プライオリティ・パスをゲットする方法

 

そもそもこのプライオリティ・パスはどうやってゲットするのか?

そう思っておられる人もいるかもしれませんね。

通常、プライオリティ・パスを手に入れようと思えば、年間4〜5万円の年会費が必要になります。

厳密に言うと、会員のグレードによって年会費が異なります。

常に空港ラウンジを無料で利用しようと思えば、プレステージ会員といって年会費も高くなるという仕組みとなっています。

そして、このプライオリティ・パスで利用できるラウンジというのは、国内でも国際線を利用する際や海外の空港ラウンジで威力を発揮します。

なので、頻繁に海外に行くような人であればいいのですが、年に数回しか行かないようであれば、そのために4〜5万円の年会費を払うというのは、割りに合いませんよね。

でも、海外に来るとやっぱりこのカード持っててよかったなと思います。

そこで、このプライオリティ・パスを年間1万円で持つ方法を紹介します。

それは、楽天プレミアムカードを持つことです。

楽天カードを持っている人であれば、楽天プレミアムカードに切り替えるのです。

楽天プレミアムカードの年会費は、10,800円です。

 

楽天プレミアムカード

この楽天プレミアムカードをゲットすることで、自動的にプライオリティ・パスをゲットすることができるのです。

なので、実質楽天プレミアムカードの年会費を支払うだけで、持ち続けることができるということになります。

楽天プレミアムカードの特典は多岐に渡りますし、ポイント還元率もいいですし、持っていて損はないカードですね。

もちろん、僕もこの方法でプライオリティ・パスをゲットしました。

国内の空港であれば、この楽天プレミアムカードでラウンジを利用することもできます。

 

福岡空港国内線【くつろぎのラウンジTIME】レビュー!プライオリティ・パスは使えるのか 福岡空港でプライオリティ・パスは使えるのか 福岡空港でプライオリテ...
リニューアルした伊丹空港【大阪国際空港】のラウンジオーサカを利用してみた感想 伊丹空港でプライオリティ・パスが使えるラウンジはあるのか 結論的に言うと、伊丹空港ではプラ...

楽天プレミアムカードなら『プライオリティパス』に【無料】で登録!!

まとめ

 

今回紹介したラウンジは、夜中の利用だったせいか、いずれも非常に混み合っていました。

おそらく日本便のフライトはナイトフライトだと思うので、ラウンジの利用も夜中に利用することが多いかと思います。

しかし、全く問題なく利用できます。

長時間フライトの前に、こうしたラウンジでゆっくりできるというのはやっぱりいいですね。

みなさんも是非快適なラウンジライフをお送りくださいね。

ではでは。

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler