LIFESTYLE

台風・地震に備えよう!絶対に準備しておきたい防災グッズ3選

先日の台風21号は僕が住んでいる関西地方を直撃して、台風の恐怖を実感させられました。

よくテレビの天気予報で、台風の風速何メートルとか最大瞬間風速とか言っているのを聞きますよね?

何となく分かった気がします。

9月4日台風21号が直撃した日、僕は大阪の自宅マンションにいました。

物凄い暴風雨で、本当に恐怖を感じました。

窓が割れるんじゃないか、物が飛んできて窓に直撃したらどうしようとか。

風が真横に見たこともない勢いで吹いていて、窓から見える向かい家の屋根が飛ばされていくのを見て、これが台風かと思いましたね。

当時大阪の最大瞬間風速が、58、1メートル。

今世紀最大規模の台風が関西を襲い、大きな被害をもたらしました。

大阪では100万軒が停電したと言われています。

関西空港では、タンカーが流され連絡橋に直撃し、橋を破壊しました。

空港島も甚大な浸水と停電で、空港機能は麻痺し、関西の経済にも大きな影響を与えました。

関西の玄関口の関空が使えないのは本当に困りますね。

頻繁に旅をする僕としては、あイタタタタですよほんと。

関空便はキャンセルして神戸便に振り替えたりした、大変でした。

でも、思ったよりも早く再開したので良かったです。

まだまだ21号の被害が残る関西ですが、またもや大型の台風24号が列島に迫っています。

今年の夏は本当に気が抜けないというか

これほど台風に泣かされた年もないんじゃないかと思います。

関西は台風だけではなく、南海トラフ地震が来るんじゃないかって盛んに言われていて、地震の備えも考えておかないといけないですよね。

特に地震はいつ起こるか分からないから、本当に怖いです。

できる限り災害の備えはしておきたいですよね。

 

 

災害時に必要なものとは?

 

起こった災害にもよりますが、阪神大震災や今回の台風21号を経験した僕自身が思うところですが、大きな災害が起こると間違いなく、ライフラインが止まります。

水道・電気・ガスという人間の生活に不可欠なものが全て遮断されます。

阪神大震災の時は、数日後には電気が復活して、1ヶ月ほどで水が出るようになりました。

ただ水に関しては、排水管が破壊されているので、貯水場まで汲みに行かなければいけないという状況でした。

一番遅かったのはガスです。3〜4ヶ月はかかったかと思います。

今回の台風21号でも、一時的にですが停電に見舞われました。

なので、どんな状況になっても、とりあえず水と電気と数日分の食料があれば、なんとか生き延びられると思っています。

普段から、備蓄品として水や保存食などを用意しておくことも必要です。

トイレの水を流したり、体を洗ったりするための水を貯めておくのもいいでしょう。

 

 

普段から準備しておきたい防災グッズ

 

今や災害は日常茶飯事。

いつ何が起こってもおかしくありません。

普段から最低限の準備はしておきたいところです。

実際防災グッズといってもどんなものを準備しておけばいいのか分からないと思います。

ここでは、最低限必要なものを紹介します。

これを機に、非常時の備えをしておかれることをお勧めします。

 

 

1、防災セット

 

 

必要なものをギュッとまとめたセットです。これ1つあれば、どんな状況でも安心ですね。一人暮らしならこれで十分。2人用のセットがあるのも嬉しいです。カバン一つにまとまっているので、もしかの時は持ち出しやすいです。

 

 

 

【防災セットの主な中身】

ダイナモ多機能ライト(手回し発電式・LEDライト・携帯電話充電・FMAMラジオ・サイレン)
5年保存水(500ml×4本)
5年保存缶詰パン(3缶)
食品加熱袋
加熱剤
非常用簡易トイレ(×3袋)
アルミブランケット
マルチツール
エアーまくら
アイマスク
耳栓
スリッパ
非常用給水袋
緊急用呼子笛(IDカード付き)
レジャーシート
レインコート
カイロ(×2)
布ガムテープ
三角巾
単3乾電池(×4)
アルコール除菌ジェル
水のいらないシャンプー
マスク
救急セット
緊急時連絡シート
防災アドバイス

 

【その他の防災セット】

 

 

 

 

2、保存食料

 

 

こどんな災害が来たとして、せめて救援物資が届くまで、2〜3日程度の食料や水は準備しておきたいですよね。これがあれば何とか生き延びられます。

 

 

 

【防災セットの主な中身】

・5年保存アルファ米 五目ごはん
・5年保存アルファ米 山菜おこわ
・5年保存アルファ米 わかめごはん
・5年保存アルファ米 えびピラフ
・5年保存アルファ米 チキンライス
・5年保存アルファ米 ドライカレー

・5年保存パンの缶詰ベーカリー オレンジ味
・5年保存パンの缶詰ベーカリー コーヒー味
・5年保存パンの缶詰ベーカリー 黒糖味

・5年保存缶詰 さんま味噌煮
・5年保存缶詰 牛肉大和煮
・5年保存缶詰 国産鶏の炙り焼き

・5年保存レトルトスープ 野菜スープ(2食分)
・5年保存レトルトスープ 卵スープ(2食分)
・5年保存レトルトスープ みそ汁(2食分)

 

【その他の保存食・保存水】

 

 

 

 

 

 

3、電気機器

 

 

ここで言う電気機器とは、基本的に電池式のものです。ラジオや懐中電灯は、いざと言う時に必ず役に立つものです。スマホの充電器が内蔵されているものもあります。少なくとも1台は準備しておきたいですね。

 

 

【主な機能】

・LED1灯式1Wライト付き
・手回し発電機能
・ソーラー充電機能
・AM/FMラジオ機能
・非常用サイレン機能
・携帯電話&スマホ充電機能
・イヤホンにも使えます

 

【その他のグッズ】

 

 

 

 

まとめ

 

今回紹介したグッズは一例に過ぎません。

お住いの環境や家族の人数によっては、準備すべきアイテムが異なるということもあります。

最低限生き延びるため、一時的なしのぎのためと思って下さい。

ライフラインが閉ざされた時、慌てなくてもいいように普段から準備しておくことが大切です。

想定外の災害というのは起こり得ます。

今回挙げた防災グッズだけではなく、地域の避難場所、いざという時の家族との連絡方法、ペットがいればペットの避難のことも考えておく必要があります。

災害から学び、被害を少しでも小さくするために、それぞれが出来ることをしていきたいですね。

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler