WORKSTYLE

FXトレード初心者にはどの通貨ペアがいい?通貨ペアの種類と特徴・トレード方法

 

いろんな通貨があるけど、正直分からないんだよね。
Toshiya
Toshiya
そうだよね。どんな通貨ペアがあるのか、どんな特徴があるのかぐらいは知っておいた方がいいね。

 

 

通貨ペアの中で一番のオススメはドル円

 

FXトレードにおける通貨ペアの種類は、何種類もありますが、そのうち日本で特に取引量が多い通貨ペアが、ドル円、ユーロ円、ポンド円です。

世界的に見ればドルユーロ、ユーロポンドなども取引量が多いですが、日本で主流の通貨は、上にあげた円を基軸とする3種類の通貨になります。

このうち、ドル円はFXトレードの中でもっともメジャーな通貨ペアです。

このペアは、通貨の取引量が多いので、比較的安定していて、1日に数円相場が動くようなことはめったにありません。

なので、トレーダーの中でも人気のある通貨ペアです。

トレード初心者の方には、オススメの通貨ペアです。

 

 

ユーロやポンドは値動きが激しい

 

このドル円のマイナーバージョンがユーロ円です。

ユーロ円もドル円と似たような特徴がありますが、ユーロ円の方が値動きが多少荒いので、ドル円相場でもの足りないのであれば、いいかもしれません。

ただ、ユーロ円は欧州の状況に影響されます。

欧州の情勢等に敏感になる必要があります。

ドル円、ユーロ円に比べると、はるかに値動きが激しい通貨ペアがポンド円です。

この通貨ペアは、1日に5円相場が動くことも珍しくないので、どちらかと言うと初心者の方にはオススメできないですね。

イギリスの総選挙や国民投票などで予想外の結果が出ると、1日で数円動くこともあるので、注意が必要です。

 

 

マイナーな通貨ペアで注意すべきこと

 

ドル、ユーロ、ポンドと円を組み合わせたメジャーな通貨ペアの他にも、FXトレードには、カナダドル円、南アフリカランド円、スイスフラン円など、多種多様な通貨ペアがあります。

円と関わりのない通貨ペア、例えば豪州ドルと米ドル、ポンドと米ドルのような組み合わせもあるので、円以外の通貨ペアでトレードしたい人は、これらのペアで挑戦してみるのもありです。

ただ、メジャーな通貨と違って、通貨国の情勢を読んだりするのも、比較的難しいという側面があります。

それに、証券口座によって提供している通貨ペアの種類が違うので、特別な通貨ペアで取引がしたいなら、それに対応した業者に口座を開設する必要があります。

ドル円やポンド円などメジャーな通貨ペアはどの業者でも対応していますが、南アフリカランドやノルウェークローネなどのマイナー通貨は対応しているところが少ないので、これらの物を扱いたいなら、そこに注意しておきましょう。

 

 

トレード初心者はドル円がオススメ

 

因みに、これらマイナーな通貨は取引量が少ない上に相場が読みにくいので、FXトレード初心者は、まずはドル円から初めてみるのをオススメします。

米ドルと円の通貨ペアであれば、われわれ日本人は比較的馴染みがあるのではないかと思います。

まずはドル円で損切りや利確などFXトレードのいろはを覚え、その後ユーロ円やポンド円の世界に入っていくことをオススメします。

 

通貨ペアはどれか一つに絞る

 

そして、できれば取引するペアは限定した方がいいでしょう。

特に、初心者のうちはあれもこれも手を出しても、絶対に把握し切れません。

どれもこれも中途半端になるのは明らかです。

なので、どの通貨ペアにするか絞ってトレードした方がいいです。

ドル円ならドル円を極めていく、そうすることで、その通貨ペアの特徴をつかめるようになります。

トレーダーの中には、実に多くの通貨ペアを取引している人もいます。

だからと言って、それだけ多く稼ぐことができるのか、というのはまた別問題です。

あれもこれも手を出して、あらゆる局面で利益を狙っていかなくても、トレードで利益を得ることはできます。

多くに手を出すのもいいですが、その分余計にリスクと隣り合わせであるいうことを忘れてはいけません。

 

まとめ

 

為替の世界というのは、24時間世界中のどこかの市場で取引が行われています。

そして、世界中のさまざまな通貨の売買が行われている、非常に市場規模の大きい世界で、誰でもいつでも、好きな時に、好きな通貨で参加できる、とても自由度の高い世界です。

なので、利益と損失とは常に背中合わせ。

自由度が高い分、十分に的を絞ってやっていかないと、中途半端で終わってしまう可能性が高いと言えます。

いろんな通貨ペアでやっているけど、どうも上手くいかないというような人は、一度通貨ぺを限定してしばらくやってみることをオススメします。

 



この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler