TRAVEL

シンガポール名物チキンライス・天天海南鶏飯の行き方とレビュー

僕の大好きな国のひとつ、シンガポールについて書きたいと思います。

シンガポールは日本から直行便や経由便など多くの飛行機が飛んでいます。時間的にも7時間程度で行けるので、日本人にも人気の観光地になっています。

シンガポールと言えば、マリーナベイからの景色、マリーナベイサンズホテルやマーライオン、ガーデンズバイザベイなどが有名ですね。街も綺麗で治安もいいですし、多民族で国際的な都市なので、街を歩いていても楽しいですね。

シンガポールは僕も何度か訪れていて、これからシンガポールを訪れるという人にはこうした観光地だけではなく、是非ご当地グルメも楽しんでもらいたいなと思います。

 

シンガポール名物チキンライス

 

シンガポール名物と言えば、チキンライス。

訪れた方は是非食べてもらいたいと思います。僕もシンガポールを訪れたら必ずと言っていいほど食べに行きます。

シンガポールでは、空港など至る所でチキンライスを食べることができる店があります。しかし、店によって当然味が違うんですよね。同じチキンライスでもこれだけ違うのかと思ってしまうほどです。

何を食べようか迷ったら、とりあえずチキンライスを食べておけばいいです。

基本、シンガポールは手頃な中華系の店も多いので、食べるものに困るというようなことはないんですけどね。

逆に僕の場合、一人で旅をすることが多いので、一人で入れそうな店を探すのに困るというようなことがあります。なので、屋台的な店で食べることも多いです。

 

マックスウェル・フードセンター(ホーカーズ)

 

シンガポールで屋台と言えばココ、という有名な場所があります。

それはチャイナタウンにあるホーカーズ、マックスウェル・フードセンターです。

MRTのチャイナタウンの駅から徒歩で約10分ぐらいの所にあります。このフードセンターはチキンライスだけではなく色んな屋台が集まっていて、手頃な価格でご当地グルメを楽しむことができます。

食べるものに困ったらとりえずココに来るといいです。いろんなものが食べられますよ。

一人で来てもいいし、家族や友人と来ても楽しめます。屋台と屋台を挟む形で真ん中にテーブルがあるので、好きな所を陣取ればオッケー!食べた後は、おじさんが片付けてくれるので、そのままでオッケー!

飲み物は屋台で買うか、水を持って行くといいです。シンガポールのビール、Tigerビールも売ってましたね。

 

チャンギ国際空港からマックスウェル・フードセンターへの行き方

 

シンガポールの玄関口・チャンギ国際空港からマックスウェル・フードセンターへの行き方ですが、空港からMRTに乗ります。チャイナタウンまでの切符を買いましょう。

まず、MRTのライン3で空港からTanah Merah駅(タラ・メラ)まで行きます。そこでライン1に乗り換えます。

ライン1でBugi駅(ブギス)でライン11のチャイナタウン行きに乗り換えます。チャイナタウン駅が終点になります。

チャイナタウン駅のA出口を出ると中華街が目の前に現れます。その中華街をひたすら進んで行きます。するとサウスブリッジストリートに出るので、それを右に曲がります。

しばらく進むと右手に大きな寺院が見えて来ます。そしたら道路を反対側に渡ります。そして、道なりにしばらく進んで行くと左手にフードセンターが現れます。

チャイナタウン駅から約10分ぐらいですね。チャンギ空港からだ大体40分ぐらいかな。1時間もあれば十分です。

 

 

チキンライスの有名店・天天海南鶏飯に行くべし

 

このフードセンターの中でも、とりわけ有名な店がチキンライスの有名店・天天海南鶏飯です。似たような店もあるので注意が必要です。

この店はフードセンターの大体中央に位置するエリアにあるのですが、一目で分かるかと思います。この店だけ、やたらと行列ができているからです。

行列が出来ていても大丈夫!最後尾に並んで下さい。回転が早いので、すぐに順番が回って来ます。

大体みんな同じものを注文します。もちろんチキンライスを頼むですが、サイズが大・中・小とあって、何も言わなければ中になります。

僕の場合、中とビールを飲めばもう十分って感じでした。大食いの人は物足りないかもしれないけど。

 

 

チキンライスとセットで頼むもの

 

チキンライスは是非食べてもらいたいのですが、チキンライスとセットでオススメするのが、オイスターソース野菜炒め。メニュー表記は、vegetable with oyster sauce

僕はこの店に行くと必ずチキンライスと一緒に注文します。

これがまた美味いんですよ。適度な歯ごたえとチンゲン菜の旨味が何とも言えない。

必ずチキンライスと一緒に注文して下さいね。

 

 

まとめ

 

マックスウェル・フードセンターは朝11時ぐらいから夜22時ごろまで開いています。店によって違いはありますが。

ランチタイムなどは結構混み合うので、席が取りにくいかもしれません。できれば時間を少しずらすといいです。

シンガポールは東南アジアでありながら、結構物価の上昇が激しいので、どこもそれなりの値段はします。その中でも、結構手頃な値段でご当地グルメを堪能することができるので、シンガポールに行かれた際は必ず行っておくべきですね!

お洒落な店もいいけど、たまにはこういう店もいいんじゃないかな。僕はどちらかと言うとこういう店の方が好きだけど。

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler