WORKSTYLE

トレーダーの心理がボックス圏(チャート)を形成するっていう話

 

相場の流れに乗ることが大事って聞いたよ。トレンドを見極めないといけないってことだよね?
Toshiya
Toshiya
その通りだよ。そもそも何故トレンドができるかを解説するよ。ポイントは、トレーダー達の心理だよ。



チャートにトレーダーの心理が反映される

 

FXトレードなどの投資において、チャートを参考に売買をすると利益を出しやすくなります。

これはチャートには決まったパターンが出やすいためですが、これはチャートにトレーダーの心理が反映されているからです。

例えば、相場が上がるのか下がるのかという判断がつかないような場面があるとします。

特に、大きなニュースが出るわけでもなく、方向感が掴みにくいような場合にはボックス圏と呼ばれるパターンが発生します。

これは、高値と安値が決まった範囲内で相場が動いているということを、言い表しています。

その高値と安値が意識されることで、価格が近づくと反落したり反発したりを繰り返しているのです。

 

 

ボックス圏は永遠には続かない

 

そのボックス圏を抜けると、大きく値が動くいわゆるブレイクアウトにつながりやすくなります。

すなはち、ボックス圏が形成されたとしても、それは当然永遠に続くものではありません。

これまで上げか下げか、どちらのポジションを取れば良いのか迷っていたトレーダー達が、その見通しが立った途端に注文を入れる、そしてそれが集中するために起こる現象が、ブレイクアウトです。

一気に値を上げたり下げたりすることになり、その動きを見てさらに注文を集めるという形になります。

ブレイクアウトが起きた後は、その反動で反対に動くパターンも多いです。

やがて動きは収束されることになります。

トレーダー達は、それまでの間に利益を出そうとしますので、大量の注文が入ることになります。

 

口座開設

ボックス圏からのブレイクアウトポイント

 

また、ボックス圏は通常高値と安値がほとんど変わらない状態で現れるのですが、上昇や下落のトレンドにある場合であっても形成されます。

高値と安値を結んだトレンドラインが並行している状態となりますが、両方のトレンドラインが意識されることで綺麗なボックス圏が形作られます。

この場合、上昇のトレンドラインであれば安値のラインがブレイクアウトのポイントととして意識されます。

上昇相場はいつか下落に転じますので、そのきっかけとして意識されるということになります。

そのために、安値のトレンドラインを割り込むと大きく値を下げるということになります。

下落相場の場合は逆に、高値のトレンドラインを上に抜けることで上昇のブレイクアウトととなりますトレーダーが皆、そのポイントを意識しているからこそ起こる現象です。

 

 

ボックス圏のチャートパターンを利用する

 

このようなチャートのパターンを利用することで、簡単に利益を出せるようになります。

特に、高値と安値が変わらないボックス圏にあれば、安値に近づいたところで買い注文を出すか、売りポジションを決済します。

買いポジションは高値で解消し、反対に売りポジションを建てます。

そして、同時にブレイクアウトも意識する必要があるので、安値や高値を抜けたところに、逆指値で損切りの注文を出しておくことも重要です。

また、緩やかに上昇したり下落する中でボックス圏を形成しているならば、買い増しや売り増しのタイミングとして考えることもできます。

このようなパターンは自然と形成されるようになるのですが、一度出現するとトレーダー達はその高値や安値を意識するので、さらに強固なパターンとして継続することになります。

しかしながら、そのパターンはいずれ破れられるということも、意識しておかなければいけません。

それもまた、トレーダー達が同様に考えていることでもあるからです。

 

 

まとめ

 

このように、チャート今回はボックス圏の形成ですが、これはトレーダー達の心理を反映したものということになります。

トレーダー達は、常に直近の高値・安値を意識しており、そこで今までのトレンドを踏襲するか、逆にブレイクするかを注意深く観察しています。

こういうポイントでヘッジファンドなどは、仕掛けをかけてくることも注意しなければいけません。

ブレイクした途端、大きく流れが変わるということは、相場の世界ではよくあることです。

DMM FXはこちら

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler