FOOTBALL

ユンセレッソ最後のアウェイ試合!マリノス戦を現地観戦してきました!

 

いよいよJリーグも最後の試合だね。今年もいろんなドラマがあったよね。
Toshiya
Toshiya
そうだね、最後の試合セレッソは、今年の開幕戦そして天皇杯決勝でも戦ったマリノスと対戦。そして、ユン監督最後の試合だよね。今年は昨年と比べると、悔しい試合が多かったなぁ。

 

今シーズン最後のアウェイ遠征

 

今シーズンのJリーグもいよいよ最終戦。

ユン・ジョンファン監督の退任が決まり、セレッソでの最後の試合となりました。

ホーム最終戦では惜しくもレイソルに敗退を喫すという結果になっただけに、今度こそは有終の美を飾りたいところです。

僕も今年最後の試合ということで、アウェイの日産スタジアムまで足を運ぶことにしました。

今年も、振り返ってみれば、セレッソのアウェイ観戦ということで、東京もこれでもう4回目。

3月の柏戦、4月は川崎戦、10月のFC東京戦、そして今回のマリノス戦。

アウェイ試合はやっぱり面白いですね。

初めてのスタジアムで、いつともと違う雰囲気での試合はワクワクします。

アウェイでのこの一体感は本当にクセになります。

僕は今回、あまり日程的に余裕もなかったので、伊丹から飛行機で羽田に向かいました。

普段、JALに乗ることが多くて、ANAはあまり乗る機会がないんですよね。

今回たまたまJALが取れなかったので、ANAを利用することにしました。

まぁ東京ー大阪なんて1時間ぐらいなので、あっという間です。

伊丹でガンバサポを見ましたけど、柏戦に行くところだったんでしょうね。

すでにユニフォームを来て乗り込むってなんか気合い入ってていい感じ。

僕もワールドカップの時は、大阪から代表のユニを着てロシアに乗り込みましたから。

 

やっぱり遠征は楽しいなぁ。

 

 

 

日産スタジアムへの行き方

 

羽田空港から横浜Fマリノスの本拠地、日産スタジアムまでの行き方はそれほど難しくありません。

羽田空港に到着したら、京急に乗り換えます。

案内表示にしたがってエスカレータで下のフロアに降ります。

すると、京急の乗り口が見えてきます。

日産スタジアムの最寄駅は、JR横浜線の新横浜駅かその次の小机駅になります。

羽田空港から横浜までは京急。片道480円。

横浜でJR横浜線に乗り換えて、新横浜で降ります。片道170円。

新横浜から日産スタジアムまで歩いて15分ほどです。

 

 

 

新横浜駅の北口から出ます。

そのまま進んで行くと、画像のように標識があるので、その通りに歩いていきましょう。

歩道橋を渡って、通りに出ます。

途中川があるので橋を渡って左に曲がります。

正面には、横浜労災病院があります。

 

 

進んで行くと、スタジアムの案内標識があるので、それにしたがって進んでいきます。

 

 

アウェイのスタンドは、南ゲートから入場します。

 

 

ユンセレッソ最終戦

 

最終戦の両チームのスタメンです。

セレッソ大阪

 

柿谷はベンチ外でしたね。

ユン監督最後の仕打ちとも思えるメンバー選定w

本当のところは分かりませんけどね。

GK    キム・ジンヒョン

DF    松田、丸橋、木本、ヨニッチ

MF    山口、水沼、清武、ソウザ、山村

FW    杉本

 

横浜Fマリノス

 

扇原がキャプテンマークをつけ、かつてセレッソで一緒にボランチとして活躍した山口蛍とのキャプテン対決となりました。

GK     飯倉

DF     畠中、ドゥシャン、マルチンス

MF    扇原、喜田、天野、仲川、遠藤、松原

FW    伊藤

 

試合レビュー

 

 

前半は両チームとも決定機を生かせず、0−0で終了。

試合が動いたのは、後半。

後半5分に、仲川のシュートのこぼれ球を天野が決めてマリノスが先制します。

その後、後半11分に松田からのクロスに山村が決めて同点。

セレッソの攻撃はなおも続き、16分には清武のゴールで逆転。

そのままリードを守ったセレッソが最終戦を勝利で飾りました。

先制されても、最後は逆転で勝利を手にする試合運びは、この2年間のユンセレッソの勝ちパターン。

最後の最後で、ユンセレッソらしい試合を観ることができました。

 

 

まとめ

 

最後に見事な大逆転劇を見れて最高です。

この2年間のユンセレッソを象徴するような試合でした。

正直、なぜユン監督が退任するのかという思いもあります。

無冠だったセレッソにタイトルをもたらしてくれた監督ですから、続投してもらいたかった。

内部で何があったかは分かりません。

でも、この2年間で学んだ勝ち方を来年は踏襲して、さらにタイトルを目指せる強いチームとなってもらいたいですね。

主力組の移籍話が出ていますが、どうなるにせよ、さらに強くなってもらいたい気持ちは変わりません。

監督を始め、チームのメンバーが入れ変わることは、よくあることですから。

また来年も面白い試合がたくさん観れますように。

もちろん、僕はできるかぎり現地観戦、アウェイの試合にも積極的に足を運ぶ予定です。

年明けのアジアカップにも参戦予定です。

来年はどんなドラマが待っているのか、今からワクワクしています。

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler