COLUMN

コロナ社会で考えるお金の話【キャッシュ イズ キング】

 

僕はトレーダーの端くれとして、常に資産をどう運用していくかを考えています。

貯金好きな日本人からすると、資産運用や投資と聞くと、リスクがあって怖い、手が付けられない、なんて思うかもしれません。

確かにリスクはあります。

しかし、リスクなんてものは何事においても、どちらに転んでも付きまとうものです。

現金を眠らせておいても資産は増えることはありません。

銀行に預けても利息なんて微々たるものです。

なので、出来ることなら資産を運用して増やすことオススメします。

株や為替、債権、不動産、なんでもいいと思います。

一方で、現金というのは、いつの時代も世界のどこでも、最も信用度が高く、価値のあるのものという事実があります。

今回は、このコロナ社会において、お金についてどう考えるかをまとめたいと思います。

 

 

モノの所有に価値はない

 

バブルの時代と違って、今の時代はモノの所有に価値を見出すことはできません。

いくら高級車に乗っていようが、都心のタワーマンションに住んでいようが、高級時計を身に付けていようが、そういったものの資産価値は、所有した瞬間から目減りしていきます。

簡単にモノが売れない時代です。

よっぽど希少価値の高いものや、ニーズがマッチしていないと難しい。

特に今のようなコロナ社会においては、あまり役に立たないものと言えます。

完全に自己満足の世界で、潰しが効かないので、そういう意味であまり価値がありません。

 

 

お金があればリスクが取れる

 

株を大量に所有している場合でも、日々資産価値は変化していきます。

為替取引でも、含み益や含み損というのがあって、決済するまでは本当の資産にはなりません。

モノにしても、所有しているだけでは、あまり意味はないのです。

要は、現金化するまでは自分の資産ではないということです。

トレーダー・投資家は特にそうですが、いつチャンスが来てもいいように、準備をしておくことが重要です。

準備というのは、チャンスに投資できるだけの資産・現金を持っておくということです。

現金があれば、リスクを取ってそのチャンスに投じることができます。

 

 

コロナ社会では現金がものを言う

 

コロナ社会では現金がものを言う、というのは日々のニュースでも実感できるのではないでしょうか。

自粛生活で営業できないお店などは、目先の事業費や生活のために現金を必要とします。

生活を維持するためには、とりあえず現金が必要ですよね。

政府から支給される10万円の支援金もそうです。

これで生活することはできませんが、実際に非常時の支援としては現金が最強なわけです。

このように、いざとなった時に一番信用されるのは現金だし、それ以上のものはありません。

なので、日頃から非常時の備蓄をしておくという考え方が重要です。

闇雲に貯め込むという意味ではなく、備蓄です。

災害に備えて、食料品や水などを備蓄するのと同じような感覚です。

 

 

まとめ

 

今のような非常事態では、ことさらお金の価値について考えさせられます。

トレードでもそうですが、相場が暴騰したり暴落したり、あるいは損失が膨らんだ時や多額の利益を得た時に、より自分の資産価値について考えさせられます。

今自分の手元にある現金が真実であり、唯一信用できるものだと、つくづく実感させらられます。

まさしくキャッシュ イズ キング。

この非常時に、ピンチをチャンスと捉えることができるかどうかです。

ここは重要で、そのためには普段お金に対して、どう向き合うべきかが重要になってきます。

闇雲に貯め込むとういことではなく、無駄な支出を抽出し、借金は減らし、実質の現金資産をどれだけ手元に置けるのか。

コロナ後の社会では、このように人々のお金に対する価値は大きく変っていくのではないかと思います。

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Rikuo

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。他の記事も合わせてご覧下さい。

不定期でラジオ配信もしているので、是非聞いてみてください。↓

Rikuラジオ