WORKSTYLE

トレード初心者でもできるローソク足で相場の流れを読み解く方法とは

 

チャート画面にある値動きの足跡みたいなやつって何て言うの?あれは何か意味があるのかなぁ?
Toshiya
Toshiya
あれはね、ローソク足って言うんだよ。ローソク足の形で相場の動きを読み取ることができるんだよ。

 

初心者の頃は、相場の動きをひたすら観察することをオススメします。

僕も最初の頃は、ひたすらチャート画面を眺めていました。

そうすると、段々相場の動きに慣れてくるというか、チャートが形成されることに何か特徴みたいなものがあるんだろうな、ということが何となく見えてきます。

特にローソク足の動きを観察することが重要で、ある種の指標を見出すことができます。

それでは、ローソク足にはどんな意味があるでしょうか。

 

 

ローソク足とは?

 

FXトレードではチャートを見て、相場の流れを読み解くことをします。

そのためには、まずローソク足の読み方を理解することが重要になります。

ローソク足とは、チャート上に示されるもので、一定期間の価格の動きを四角い箱と足と呼ばれる線で表したものです。

ここに始値と高値安値と終値が分かるように描かれることになります。

チャートによっては、色分けをして見やすくされています。

期間としては、時間足と言って、分単位のものから年間単位のものまで、時間足に応じて表現されます。



 

ローソク足で相場の流れを読む

 

ローソク足を理解しよう

 

FXトレードでは、相場の細かな動きを確認することで、相場のこれからの動きを読むということをします。

その際に、ローソク足というものを利用します。

ローソク足とはなんぞや?

下の画像を見てみましょう。

 

 

まずその形ですが、四角い箱の上と下は、始値と終値を表します。

ここでは、上昇相場を白色、下降相場を黒色と表現します。

つまり、箱の中が白いと値を上げて終わり、逆に黒いと下げて終わったことを表します。

 

ここまでは大丈夫ですか?

 

相場では、白い箱を陽線、黒い箱を陰線と呼びます。(これはどっちでもいいです。)

箱が白いと下が始値で上が終値で、黒いとその逆になります。

 

ローソク足のヒゲが意味するもの

 

そして、この箱の上下に線が出ることあるのですが、これはヒゲと呼ばれるもので、下のヒゲの先端は安値を、上のヒゲの先端は高値を表します。

もし、ヒゲが無ければ、安値で始まり高値で終わったことを意味します。

このように、ローソク足だけを見ても、相場の勢いがどちらに向いているのか、ということを理解することができます。

例えば、ヒゲが下に長い場合は、大きく値を下げたにも関わらず、持ち直したことを表しますので、買い意欲が強いということが分かります。

逆に、上のヒゲが長い場合は、高値をつけても、多くの売り注文で抑えられているということが分かります。

 

ローソク足の箱が意味するもの

 

また、箱の長さは、その相場の強弱感を表しています。

例えば、箱が長ければ、相場は活発に動いており、逆に短いと動きがほとんど無いということを示しています。

そして、このローソク足の集合体によって、さらに詳しい相場の強弱感などを推測することができるようになります。

例えば、白い箱が多く見られると買い注文が多いことを表します。

逆に、黒い箱が多いと売り注文が多いということが分かります。

例えば、順調に値を上げてきたとしても、白い箱が増えるようになれば天井が高いことを予測させます。

そして、上に長いヒゲが出現するようになると、そろそろ反落する可能性が高いと予測することができます。

また、同じような位置に黒い箱が並ぶダブルへッドとなれば、天井である可能性が高いと予測することができます。

逆に、下げ相場の中で白い箱が出始めると、買い意欲が強くなっていることが分かります。

さらに、下のヒゲが長くなれば、値を下げても、買い注文が強いために押し上げられていることを意味します。

 

ローソク足の並び方が意味するもの

 

さらに、ローソク足の並び方に注目すると、今後の動きを予想することができます。

例えば、白い箱が続く中で、その範囲内に収まる長さの黒い箱が出現するようになると、反転する兆しとされます。

これは、安値を結ぶ線と高値を結ぶ線がクロスするような形となるものです。

ローソク足の上下のヒゲの先端を結ぶと、このようなクロスを形成することがあります。

これは相場の反転が近いことを表しています。

 

 

まとめ

 

このように、さまざまなローソク足の型というものを知っておけば、今後どのように相場が動くのかを、ある程度予測できるようになります。

初心者の時は、できる限り相場を見て、そういった相場の動きを研究することが必要です。

そういったことから、少しずつ相場観というものが養われていくのです。

証券口座によっては、デモトレードというものがあって、本物のチャートを使ってトレードの疑似体験ができます。

なので、初心者の頃はいきなり本物のトレードをするのではなく、自分のスタイルがある程度固まるまで、デモトレードで練習することをオススメします。

何回も何回も練習すると、自然と相場観が養われてきます。

デモトレードなら、焦らず何度でも練習することができます。

トライ&エラーでしか見えないものがありますので、一つずつ焦らやっていきましょう。

 

初心者はまずデモトレードで練習しよう

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler