COLUMN

過去の自分に縛られないように生きる【常に新しい人生を生きる】

 

僕って社交的じゃないし、ダサいし、モテないんだよなぁ。。

 

例えば、今の自分が幸せでないとするなら、ついついどこかにその原因を探したりしてないですか?

 

・自分はこんな人間だから

・自分はこんな家庭環境で育ったから

・受験に落ちたから

・学歴もないから

・就職に失敗したから

etc

 

いくら過去に原因を求めたところで、人生がうまくいくことはありません。

では、今までとは違う人生を歩むにはどうすればいいのか。

今までとは違う自分に生まれ変わるにはどうすればいいのか。

今回は、そのあたりのことをまとめていきたいと思います。

 

 

今の自分に原因を求めない

 

結果には何かしらの原因があると、人間思いがちですが、結論から言うと現状を変えるためには、結果に原因を求めない方がいいです。

人ってついつい何かに原因を求めたり、何かのせいにして、変に納得しようとします。

しかし、そうしたところで現状は何も変わらないし、新たな人生を歩むことはできません。

 

 

過去の自分は生ゴミ

 

過去の自分は生ゴミだと思った方がいいです。

自分は過去にこんなだったからと考えることで、今の人生を難しくしていると言っていいでしょう。

過去の自分に囚われて、新たな1歩を踏み出せないとしたら、そんな無意味なことはありません。

生ゴミをいくらほじくり返したところで、何も生まれないし、食えたもんじゃないし、臭いだけです。

なので、過去は過去、今は今、まったく別物だと考えるようにしましょう。

 

 

常に人生は自分で決めている

 

自分の人生というのは、誰かに決められたものではなく、常に自分自身が選択して歩んできたものです。

親がどうとか、兄弟がどう、周りの環境がどうとか、そんなのは関係なくて、そんな中でも自分が決断してやってきたわけです。

そういう意味でいうと、今の結果というのは、自分がそもそも望んでいたこと、と考えることができます。

全ての結果や行動には、原因ではなくて、必ず何らかの目的があると考えます。

そんな風に考えると、わりと前向きになれます。

例えば、いま自分が貧乏だと嘆く人というのは、お金持ちにならない生き方を自ら選択してきたのです。

すべては自分の目的を果たす為にやってきたこと。

過去や他人のせいにするのではなく、自らが選択してきたのです。

人生というのは常に自分で決めているんだと考えましょう。

 

 

失敗を恐れず最初の1歩を踏み出す

 

今の自分を変えられないとしたら、そこには何らかの原因があると考える、それこそが自分を変えられない最大の要因ではないかと思うのです。

何かしらの原因を求めることで、現状を維持しようとしているわけです。

どこかで現状の自分がいいと思っている、あるいは今の自分を変えるのが怖い。

現状を打破する、今の自分を変えたいと思っているなら、今この瞬間から1歩踏み出すことが必要です。

失敗を恐れず行動する、これしかないですね。

誰しも失敗は怖いものです。

でも、やってみないと分からないし、やってみて違うと思ったらやめればいいわけで。

何もしないことは、悪い意味での現状維持であり、後退であると言ってもいいかもしれません。

人は何かと理由をつけて行動をストップしようとします。

現状が変わることへの恐怖であり、失敗を恐れるあまり行動しようとしない。

そして、行動しないことを正当化しようとする。

それを打破するには、1歩踏み出す勇気を持つしかありません。

 

他人は他人、自分は自分と考える

 

何かをしようとするとき、他人の問題に首を突っ込まないということがポイントです。

人間関係の悩みというのは、誰しも抱えているものです。

いろんな人間がいますが、他人は他人、自分は自分と分けて考えた方がいいです。

他人が解決する問題なのか、自分が解決すべき問題なのか。

他人のせいにしないためにも、他人の問題に首を突っ込まないように注意しましょう。

他人は自分が思うほど、自分のことなんて考えちゃいないのです。

他人と自分とを縦の関係ではなく、横の関係と見ることがポイントです。

他人は、決して自分の敵ではないし、競争相手でもないのですから。

 

 

常に新しい人生を生きる

 

このように、過去の自分と今の自分とはまったく別物と考えてるといいです。

人は何者にも生まれ変わることができる存在です。

過去の自分と決別して、今の自分から1歩前に踏み出す勇気を持つことが重要です。

常に自分自身を更新し続ける、定期的にアップデートするような感じです。

過去に囚われることもなく、他に邪魔するものなど、本来は何ひとつないのです。

そういう意味で、人は生まれ変われるし、新しい人生を歩むことができる。

そんな風に思います。

 

 

アドラーの心理学を学ぶ

 

アドラー心理学をご存知でしょうか?

自己啓発の父と言われた心理学の巨人である、アルフレッド・アドラーが提唱した思考法。

アドラー心理学は、フロイトやユングと並んで心理学では有名なものです。

そこには僕たちが生きていく上で、ヒントになるものが沢山あります。

これから何かを始めようとする人、現状を打破したいと思っている人、最初の1歩が踏み出せない人は、学んで損はないです。

今回の記事は、アドラー心理学をもとに、僕の考えをまとめました。

考え方ひとつで行動も人生も変わっていくのだと思います。

自分は常に変われるんだと思い、失敗をおそれず最初の1歩を踏み出していきましょう。

人生を楽しくするのも、辛くするのも、自分次第ですからね。

 

 

【参考書籍】

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler