TRAVEL

飛行機に乗る時あなたは窓側?それとも通路側?快適な機内の過ごし方

皆さんは飛行機に乗る時、窓側それとも通路側どちらに座りますか?

事前に飛行機を予約した場合、大抵は予め座席を指定することができますよね。

LCCの場合は、座席指定料ということで別途料金がかかってきます。一番前の先だと高くて、次に窓側・通路側みたいな感じで。指定しなければ、無作為に咳が割り当てられます。

どこを指定するかは人それぞれ好みです。

 

窓側のメリット・デメリット

 

僕の場合、大抵窓側を指定することが多いですね。理由は、単純に外の景色が見たいからです。もともと飛行機自体が好きなので、羽の動きを見たり飽きないんですよね。

空の上からしか見られないような景色が見られますから。雲の動きだったり、夕焼けだったり、夜だと満点の星空だったり、流れ星も見れますし、時にはすれ違う飛行機も見られます。こういうってなかなか見られないものです。

離島などに行く時は、上空から綺麗な海が見れたりしてワクワクしますよ。離発着の様子も見れたり、僕にとってはメリットの方が多いんですよね。

デメリットと言えば、やっぱりトイレに行きにくいってことですかね。特に長期路線なんかになると、2〜3回は行くと思うんで、ナイトフライトとなるとやっぱり気を遣います。

それと結構狭いところに閉じ込められ感があるので、長時間となると結構キツくなったりすることはありますね。

 

 

 

 

通路側のメリット・デメリット

 

通路側は、窓側と全く反対になります。メリットとしては、トイレに行きやすいですし、降りる時もすんなり出ることができます。せっかちな人は通路側がいいんじゃないでしょうか。

デメリットとしたら、やはり外の景色が見れないということでしょうか。それと通路側なので人が通るのがややウザかったりします。CAさんがカートを押して何度も通るので、ゆっくり寝れなかったりします。

まぁいずれにしても、自分の好みに合わせて少しでも快適な時間を過ごせればいいなって思います。

 

 

 

 

日本人は通路側が好き?!

 

大手の旅行予約サイトエクペディアが、こんな調査結果を発表しました。

それによると通路側を選択すると答えた割合が半数を超えたのは、日本人だけだったということです。

やはり日本人は、窓側より通路側を好むってことなんでしょうか。

面白いのが、日本人はトイレに行く時に隣の人が寝ていたら、背を向けて跨いで行くという回答が多かったそうです。一方、外国人は隣の人を起こして行くという回答が多かったらしいです。

なんとも日本人らしいですよね。でも、隣の人を跨いでって、結構足が長くないと無理じゃないですかね?(笑)

隣の人を起こすっていう外国人の割り切りも日本人からすると凄いなって思ってしまいます。それだけ日本人は気を遣うっていうことなんでしょうね。

 

 

 

機内の過ごし方

 

いずれにしても、飛行機という狭い空間で、特に長距離路線となるとかなり長い時間を機内で過ごすわけですから、少しでも快適な時間を過ごしたいところです。

機内での過ごし方は様々です。映画を観たり、本を読んだり、音楽を聞いたり、寝たり。

フライト時間や乗るキャリア(航空会社)によっても違います。

レガシーキャリアの場合は、座席にモニターがあって映画などを観ることができるので、長距離路線でも結構時間が潰せます。まだ日本で公開していない映画などもいち早く観れます。

それに機内食が必ず出るので、お酒を飲んだり食事をしているとあっという間に時間が経ってしまいます。

一方、LCCの場合は座席モニターもありませんし、食事はオーダー制なので、頼まなければ出てきません。なので、結構時間を持て余します。

僕の場合は、事前にスマホやタブレットに映画をダウンロードしてきて観たり、パソコンで作業をしたりしています。長距離路線などは機内食もオーダーすることがありますね。

特にLCCは座席が狭いので、別途料金を払って最前列や非常口座席を予約することが多いです。

最前列の窓側だと、外の景色も見れますしトイレに行くにも十分なスペースがあるので、隣の人が寝ていても起こす必要はありません。足を組んだり伸ばしたりすることもできます。

まぁそう考えると、少し料金を払ってもいいかなと思いますね。

 

 

まとめ

 

座席の指定は人それぞれで、結局何を重視するかによります。

トイレを重視するなら通路側、景色を観たいなら窓側。それぞれメリット・デメリットがあるわけで、どちらがいいかというのはありません。

飛行機に乗ることも旅の一つの楽しみだと思います。なので、移動時間を有効に活用して、普段できないことをやったり、有意義に過ごしたいものです。

ゆっくり眠ることもいいかと思います。時差が大きい国に行く場合は、着いてからどう動くかを考え合わせることも重要です。

一睡もせずに観光となると、さすがにキツイですからね。

 

↓機内から撮影した画像です

 

UAEのアルアイン上空です。見渡す限り砂漠。

 

鹿児島の桜島。噴火してます。

 

富士山はどこからでも綺麗に見えます。

 

石垣島着陸前です。

 

宮古島着陸前です。やっぱり沖縄は海が綺麗ですね。

 

イースター島上空です。滑走路が異常に長いです。スペースシャトルが着陸できるようにしているらしいです。

 

↓海外のホテルや航空券を予約するなら

エクスペディア

Hotels.com

 

↓海外でネットするなら

グローバルWiFi

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler