FOOTBALL

第97回天皇杯決勝!セレッソ大阪vs横浜Fマリノス徹底レビュー

2018年1月1日 新年明けましておめでとうございます!新年早々凄まじい試合でしたね。

埼玉スタジアムで行われた天皇杯決勝、セレッソ大阪VS横浜Fマリノス完全レビューです!僕はこの決勝戦、是非とも現地の埼玉スタジアムで観戦したかったのですが、どうしても都合が合わず、地元の大阪で観戦することになりました。

セレッソは14年ぶり、マリノスは4年ぶりの決勝進出となりました。セレッソは勝てば、天皇杯初優勝今シーズンルヴァンカップに続き2つ目のタイトル、マリノスはFマリノスとしては4年ぶり2度目の優勝を目指しての一戦。

 

【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

両チームの勝ち上がり経過

 

セレッソ大阪

 

セレッソは、4回戦で名古屋グランパス、準々決勝で大宮アルディージャを破り、準決勝では、後半のAT直前で途中出場の大森のシュートで、これは神戸の勝ちかと思われた矢先、ATに水沼の同点ボレー弾で延長戦に突入。柿谷の勝ち越しPK、ソウザのダメ押し弾でヴィッセル神戸を撃破し、決勝に勝ち上がりました。

第97回天皇杯準決勝、セレッソ大阪vsヴィッセル神戸を観戦してきたヤンマースタジアム長居で行われた天皇杯準決勝を観戦してきました。 今年のセレッソは強いですね〜 ルヴァンカッ...

 

横浜Fマリノス

 

マリノスは、4回戦でサンフレッチェ広島、準々決勝でジュビロ磐田を破り、準決勝では1−1のドローからの延長戦の後半、ウーゴ・ヴィエイラの決勝弾で見事柏レイソルを破り、決勝に勝ち上がりました。

両チームとも、劇的な勝利で決勝に進出したんですよね。

 

※動画はJFATVより引用しています。

 

2017シーズンリーグ結果

 

 

皆さんご存知の通り、今シーズンの成績は、セレッソが昇格プレーオフからJ1に昇格して、初の残留だけではなく、一時優勝争いで暫定1位になったりもして躍進の年となりました。シーズンは3位で終了。

一方、マリノスは主力の斎藤が怪我で戦線離脱したりしたものの、5位でシーズン終了。天皇杯も決勝に進出するなど、やはりチームの底力を見せたシーズンでしたね。

 

決勝のスターティングメンバーとベンチメンバー

 

まずはセレッソ大阪のスタメンです。

 

次に横浜Fマリノスのスタメンです。

 

 

前半戦レビュー

 

前半8分にマリノスの伊藤翔の先制弾で1−0で終了しました。全体的な流れとして、マリノスペースでしたね。サイドのマルティノスのスピードに振り回されるような流れでした。セレッソは、監督が言ってましたが、相手の攻撃に応じたポジション取りが出来ていなかったように思います。なのでパスが繋がらないし、攻撃の起点を作ることが出来ませんでした。

 

後半戦レビュー

 

セレッソは、後半20分に山村がマリノスの壁をこじ開けるシュートで同点に追い付きました。セレッソは、同点に追い付いたことで精神的に楽になったのか、そこから少し流れが変わってきましたよね。

両チームとも決定機を作れず後半が終了しました。

 

延長戦レビュー

 

セレッソが、延長戦前半に水沼が追加点で引き離しました。そこから山村がバックに下がり、5バックにシフト。その後、マリノスが果敢に攻めるもセレッソの壁を崩すことは出来ませんでしたね。

2−1でセレッソ大阪が、今シーズン2冠を達成しました。

 

まとめ

 

セレッソは、今年J2から昇格してのシーズンで凄いですね。ユン監督の采配も素晴らしかったですよね。

僕自身としては、今シーズンのMVPは水沼選手だと思ってます。本当に素晴らしかった。

 

セレッソ大阪おめでとう!!

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler