JGC修行

【JGC修行】春の沖縄遠征レポート!地獄のJTA離島往復で飛行機が嫌いになりそうになった

 

飛行機にたくさん乗れていいなぁ~
Toshiya
Toshiya
飛行機に乗れるのはいいけど、乗り過ぎるのも辛いもんだよ~

 

JGC修行は回数稼ぎ

 

皆さんもご存じの通り、JGC修行というのはどれだけ飛行機に乗ったかという回数がポイントになります。

なので、とにかく沢山飛行機に乗ることが重要です。

限られた時間の中で、いかに効率よく飛行機に乗るかを考えなくてはいけません。

まぁ極端な話、1ヶ月毎日1回飛行機に乗り続けたら、1ヶ月で30回を達成します。

JALならクリスタル達成ですね。

最速最短で達成するなら、やはり1ヶ月で怒涛のごとく乗りまくることです。

しかし、現実的には難しいので、数回に分けて、何ヶ月かかけて達成するというのが一般的な方法になります。

 

 

 

沖縄はJGC回数修行の天国

 

そこで今回僕は、出来るだけまとめて回数を稼ぐために1泊2日で沖縄に遠征に行ってきました。

なぜ沖縄なのか。

お気付きの方もおられるかもしれません。

沖縄というのは、那覇を起点に幾多の離島便が運航されています。

しかも便数が多い。

JGC修行者にとっては、天国とも言える地なのです。

短距離でしかも便数が多くて、定額で乗れる。

こんなところはあまりないんです。

なので、僕はせっかく沖縄に行くなら、日帰りではもったいない、せめて2日間時間を取って、乗れるだけ乗りまくろう、ということになったのです。

 

 

 

 

沖縄遠征プラン

 

大阪を拠点にしている僕としては、まず那覇まで行かないといけません。

ここで問題は、大阪から那覇までの飛行機でJALを使うかということ。

もちろん行き帰りにJALを利用すれば、その分回数は稼げます。

しかし、今回の重要なポイントは、この2日間という限られた期間でどれだけ回数乗ることができるかということです。

なので、那覇まで行ってからが勝負。

いかに離島便に乗りまくるか。

そういうことを考えていくと、大阪からJALで行くことを諦めなければいけません。

なぜなら、早朝の便と夜遅い便がないからです。

離島便に乗りまくるためには、できるだけ朝早くに那覇に着く必要がありますし、帰りもできるだけ遅い便で大阪に帰る必要があります。

ということで、僕が選択したのは、行きは神戸空港からスカイマークで行き、帰りはピーチで関空に帰るという方法です。

幸いにも大阪を拠点にしている僕にとっては、伊丹だけではなく、関空や神戸も全然選択肢に入る空港なのです。

行きのスカイマークは7時20分神戸発で、10時前に那覇に到着します。

帰りのピーチは、19時半に那覇を出発します。

これが限りなく沖縄での滞在時間を確保する方法ではないかと思います。

 

 

離島便を乗りまくる

 

神戸から那覇に着いて、すかさず離島便に乗り継ぎます。

離島の中でも特に本数が多いのが宮古島と石垣島、久米島です。

今回僕は宮古島と石垣島を中心に予約しました。

1日あたり、宮古島を2往復と石垣島を1往復。

2日間で12レグを達成することができます。

普通離島便に乗るのは、今からリゾートしに行くぞ~的なテンションだと思いますが、今回は修行。

空港から1歩も出ることができません。

なぜなら、すぐに折り返しの便に乗らなくてはいけないからです。

綺麗な海を見ながら到着すれど、またすぐに帰らないといけないこの辛さ。

仕方ありません修行ですから。

 

 

 

 

離島便は遅延が当たり前?

 

今回離島便を乗りまくって思ったのですが、離島便って総じて遅延してるってこと。

折り返し便に乗る分には、多少遅れても来た飛行機に乗って帰るので問題はないのですが、違う便に乗り継ぐ場合は、最悪乗れないという可能性もありますね。

今回僕のプランは、すべて乗り切ることができました。

途中冷や冷やすることもありましたが、なんとか乗ることができてよかったです。

 

 

那覇空港を最大限活用する

 

今回の回数修行の起点となったのは、那覇空港です。

那覇空港を中心に離島便に乗りまくりました。

なので、昼ごはんは那覇空港のレストランで、時間があれば空港のラウンジももちろん利用します。

せっかく沖縄に来たんだから、やっぱり沖縄らしいものは食べたいですよね。

沖縄そばにゴーヤチャンプルー。

ご飯を食べたら、次の便までラウンジでまったり。

那覇空港の国内線で一般の人が利用できるラウンジは一つしかありません。

上級会員であれば、サクララウンジなどを利用することができます。

僕が利用したのは、国内線のカードラウンジ「ラウンジ華」です。

到着フロア(制限区域外)にあります。

プライオリティ・パスは使えませんが、クレジットカード(ゴールド)保持者であれば無料で利用することができます。

僕は、楽天プレミアムカードを持っているので、それで利用することができました。

 

 

 

 

宿泊は那覇市内のホテル

 

1日目の最終フライト、石垣から那覇に到着したのが20時半。

それからゆいレールに乗って、予約していたホテルに向かいました。

今回宿泊したホテル(ゲストハウス)については、別の記事でまとめたいと思います。

早速チェックインして、晩御飯を食べに行ってきました。

翌朝は、7時20分発宮古島行きのフライトに乗らなければいけません。

遅くとも7時には保安検査を通るためには、7時前に空港到着、ゆいレールの電車もあるから6時半には電車に乗って、ということは少なくとも6時には起きないといけない、いやでもホテルの朝ごはんが付いていて、その時間やシャワーを浴びる時間なども考えると、5時半起きだな、みたいな感じでした。

那覇を観光することもなく、ただ寝るだけの那覇。

CAさんとかっていつもこんな生活なんでしょうか。

僕はCAさんにはなれないです。

 

 

飛行機好きでも辛い修行

 

僕はこの沖縄修行に来る前、たくさん飛行機に乗れて最高だ、なんて思っていました。

確かに、大好きな飛行機にも乗れて、しかも沖縄の離島にも行けるなんてってワクワクしていました。

もちろん、そうなんですが。

実際今回2日間乗りまくってみた感想は、正直辛かった。。

楽しかったけど、反面辛かったって感じです。

ただ飛行機に乗っているだけでも、結構疲れるしキツイですよね。

飛行機を降りても、あ~また乗るんだなみたいな。

ジンベイジェットやウルトラマンジェットなどにも乗れてよかったんですけどね。

しかも、飛行機に乗るたびにさんぴん茶が出てくる。(笑)

沖縄と言えばさんぴん茶だけど、いい加減飽きてくる。

しかも、僕は普段からさんぴん茶を飲んでいるので、飛行機に乗るたびにさんぴん茶が出てくると、さすがにさんぴん茶が嫌いになりかけました。

なら、断れよって話ですけどね。

まさしく修行ですね。

試されてる感じですね。

でも、やっぱり窓からの綺麗な景色は最高です。

沖縄の綺麗な海や澄んだ青空、飛行機に流れる音楽やCAさんの機内アナウンス。

沖縄らしさを味わえるフライトでした。

同時に、CAさんって大変だなぁって思いました。

僕なんかただ好きで飛行機に乗ってるだけですけど、仕事となるとまた別ですもんね。

 

 

 

 

 

JALパックのアイランドホッピングツアー

 

僕は今回全てのフライトを当然自分でプランニングして、自分で予約をしました。

移動時間や乗り継ぎの時間なども考慮しながら、最大限回数を稼ぐために。

しかし、プランを自分で考えなくても、JALパックのアイランドホッピングツアーなら、すべてをプランニングしたホテル付きのツアーがあります。

手っ取り早く、面倒なことはお任せしたいっていう人にはいいかもしれませんね。

普段行かないような沖縄や鹿児島の離島をめぐることができます。

 

 

まとめ

 

これまで沖縄にはもう30回ぐらいは来ているかと思いますが、まさか飛行機に乗るためだけに来る沖縄は初めてでした。

ある意味なんとも贅沢な沖縄遠征だったとも言えます。

今回の修行で全12フライトを達成しまして、残りは、目標のサファイア達成まであと28フライトです。

まだまだだなぁ。

ようやく半分ぐらいまで来たなという感じです。

今後の予定としては、福岡遠征に但馬空港往復、そしてまた沖縄にも行く予定です。

まだまだJGCの道のりは続きます。

 

 

※こんな拙いブログでも、読んでくださる方がいることを、非常に嬉しく思っております。

最近はブログの更新もサボり気味で申し訳ありません。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人

Toshiya(時遊人)

旅や資産運用などについてブログで発信しています。世界中を旅して現地のコアな情報をお届けしたいと思っています。是非他の記事も合わせてご覧下さい。

メッセージは、問い合わせフォームからお願いします。

Football traveler